トップ

医師が持つべき知識とは

医師は語学も必要

予備校

医師でも英語を読めるように

医師は患者の事を第一に考える職業なので、英語は不要に思えますがスキルアップするには欠かす事が出来ません。何故なら論文や専門書が翻訳されるとは限らないからです。日本の医療は充実していますが、世界一ではありませんし他国も日々医療をより進歩させています。そうなると他国の医師が論文や専門書を発表する事は珍しくありません。スキルアップするためにいざ読んでみようとした時に、英語なので読めないでは恥ずかしい思いをするかもしれません。翻訳されるのを待つのも手ですが、最新情報を求める医師にとってはその時間差はもったいなく感じるでしょう。そこで英語が読めればその知識をすぐ活かせる訳です。日本人にとって発音するのは難しい事ですが、読む事なら時間をかければ可能になります。ただ普段の業務でも忙しいのに、それに加え勉強するのは難しく並大抵の気持ちでは続かないでしょう。ですが業務に誇りとやりがいがあれば、あきらめずに続けられるはずです。

医療で職務上必須な英語

病気やけがをしてしまった際に、豊富な医学的知識と経験を駆使して治療してくれる医師の存在は、非常に頼もしいものです。日々の診療に加えて、次々と発表される新たな論文や治療法に関する知識を蓄えたり、また薬に関する情報を収集するなど、さまざまな知識を獲得していく必要もあります。医療に従事するにあたって、必要とされるスキルは多々ありますが、その中でも英語のスキルは必須ともいえるものです。論文や治療法などの文献は時間が経過してから日本語に翻訳されるものも多く、いち早く情報を獲得するためには、英語に関する知識を有していることが必須です。医療に関する知識や技能ももちろん必要ですが、業務上必要な新たな知識の獲得についても日々怠ることができないのが医師の仕事です。新たな情報が日本語に翻訳されるまでのタイムラグを無くすためには、外国語のスキルを持っていることは大きなアドバンテージになります。そのため英語は業務上必須のスキルということができるでしょう。

↑PAGE TOP